プラチナの結婚指輪の素材について 水戸の専門店ジュエリーネモト

Image6
キレイなダイヤモンドが好きなあなたにとって、ぴったりな相性のいいダイヤモンドを選べるジュエリーDr.の根本みついです。
結婚指輪の選び方ですが
素材的にはプラチナをお選びになる方がとても多いです
プラチナのイメージがやはりいいですし
日本人には白い金属が似合います
しかし、ここのところ金という方も少なくなくなり
ピンクゴールドや、イエローゴールドでお作りになる方もいらっしゃいます
店頭ではほとんどの結婚指輪がプラチナやホワイトゴールドが主体となってます
 
プラチナにも色々あるのはご存知でしょうか?プラチナ純度
純プラチナの指輪はPt999という表記になりました
Pt900というリングが多いのですが
金属は1000%で表記されるので
Pt900というのはプラチナが90%という意味になります
Pt850というのも聞きますがこれはパーツや鎖によく使われます
混ぜ物を多くすることによって固くするのです
 
高純度だといい
そう思いがちですが
意外にプラチナは金より柔らかいため
変形などの原因となってしまうことがあります
 
プラチナの歴史的に安定しているのはPt900となりますが
現在の技術によりPt999やPt950などもメーカーによって強度が保たれています
 
水戸の結婚指輪専門店ジュエリーネモト

Special blog











PAGE TOP