困った ホワイトゴールド 変色 

image
キレイなダイヤモンドが好きなあなたにとって、ぴったりな相性のいいダイヤモンドを選べるジュエリーDr.の根本みついです。
写真はK18WG(ホワイトゴールド)のダイヤモンドリングです
ちょっとわかりづらいのですが
元の金の色が出てしまい
銀色からやや黄色い金色となってしまいました
使っていてあたっているところのみが地の色になってしまったため
変色したようになってしまいました
 
変色という表現でありますが
本来の元の色が表面が剥げてしまい出てしまう現象です
 
K18WG(ホワイトゴールド)はニッケルがPL法で使用できなくなってから
白さがあまり出ないため、やや金色が出ます
そのためロジウムコーティングを施されているものがあります
そのコーティングの厚さが0.4ミクロンという皮膜からなり
使っているとだんだんと元の色が出てしまいます
 
変色して黄色になってしまったという声があるのですが
もともとが金色というわけです
 
最近ではプラチナの素材の値段が安くなり
金とプラチナのジュエリーを作る値段が同じくらいになってきました
(ややプラチナのほうが高い)
ホワイトゴールドで作るメリットが少なくなってしまいました
 
しかし、製法によりますが、一般的に金のほうが強度が高いもの
プラチナの変形よりは金のジュエリーのほうが強いとされています
細いジュエリーなどには金の製品が使われていることが多いのです
 
特性を生かしジュエリーとは作られているのも経験からなのです
 

水戸の宝石専門店
 
ジュエリーネモトのWEBショップOPEN!
 

Special blog











PAGE TOP