結婚指輪の素材はなにがいい?水戸の結婚指輪専門店

結婚指輪の素材は何が適正?

日本におけるけ結婚指輪の歴史はヨーロッパと比べ浅く
戦後からが一般的として広くつけられるようになりました
日本人好みの金属は白の色で
シルバーやプラチナなどが好まれていました。
金属の色には好みや流行りがでますが
歴史的にみると白い色の金属が長く、空きが来ない色として好まれています。
適正というのは人それぞれになりますが
肌の色や、アレルギーなどの体質を考え選ばれるのがよいでしょう。
%e7%b5%90%e5%a9%9a%e6%8c%87%e8%bc%aa%e7%94%b7%e5%a5%b3
 

素材によって何が違う?

貴金属といわれる素材は
●金
●プラチナ
となります
この二つの金属は腐食しないという特性を持ちます
粘性が強く加工しやすい金属としても重宝され
装身具としての歴史が長くあります。
最近では金属アレルギーを起こしにくいパラジウム
ステンレスなども加わり
シルバーなどの素材の白い色の金属として販売されるケースがあります
52eb9d9d125b189c02d48764095d49c8_s

気をつけなくてはいけない素材

金属アレルギーを起こしてしまうと
その金属に触れただけで、かゆみや炎症などを起こしてしまうことがあります
体質により選ぶ素材が違って来るということになります
しかし、金属アレルギーは基本的には今までつけたことない金属では起こりません
また、ステンレスやタングステンなどの指輪に関しては注意が必要で
硬すぎるため、余裕をもったサイズを選ばないと
抜けなくなった際に切ることが困難となりますので注意が必要と言えます
d8fc66b1404463b55c707c644978aa05_s
 

素材の価格

金の相場が上がったこともあり
ここ数年結婚指輪の価格も変動してきました
また、プラチナの相場は現在(2016年9月現在)
金よりも安く
金とプラチナの素材で考えると
デザインにもよりますが
プラチナでも金の価格と同じような価格で購入できます
1本当たりの相場は6万円~15万円となっており
2本での購入金額の平均は15万円強ととなります
ブランドやデザインなど好みに応じて購入するケースもありますが
素材で選ぶのであればプラチナが無難と言えます
2b58ba39ddc37ef3e8db0184c5a4ba7c_s
 
 
【作り替えや、買い取り・修理のご相談】
http://www.j-nemoto.co.jp/3R.html
【むかし買った立て爪のダイヤモンドを違うデザインにしたい!】
http://www.j-nemoto.co.jp/riform.html
 
 
ジュエリーネモトのホームページ
ジュエリーネモトで身辺整理
ジュエリーネモトのWEB通販
ジュエリーノウハウ本出版:相性のいい「ジュエリー」の選び方・身につけ方

住所:茨城県水戸市笠原町300-1(50号パイパス通り)
電話:029-305-1811
営業時間:10:30-19:30
不定休

PAGE TOP