ダイヤモンドの鑑定書とは?

鑑定書と鑑別書の違い

ダイヤモンドは4Cという4つの分野で等級を分けています
鑑定書とは日本でいう通称で
グレーディングレポートというのが本来の名称です
カラー、カラット、クラリティー、カットの
頭文字の「C」をとって4Cと言います
このグレードの評価をしてあるダイヤモンドが通称鑑定書に記載されます
グレーディングレポート(鑑定書)はダイヤモンドにしかなく
他の宝石にはつきません。
 

では鑑別書とは?

よく宝石についている証書を
鑑定書と間違うケースがありますが
ダイヤモンドを含む、
検査を元に何の宝石かを明記してある証書が
鑑別書です。
鑑別書=宝石の種類を明記してある証書
鑑定書(グレーディングレポート)=ダイヤモンドの4Cの等級が記載されているもの
となります。
 

いいものだから鑑定書、鑑別書がつくのか?

鑑定書や鑑別書があるといいものと感じるものですが
実は鑑別書は検査機関が発行しているため
宝石であればすべてのものに発行することができます
また鑑定書(グレーディングレポート)は
鑑定機関によりますが0.1カラット以上のダイヤモンドに発行することがでます
鑑定料を払えばどんなものでも発行できると言えます
品質が高いものでなくても鑑定書や鑑別書は発行することができると言えます。
証書があれば、いいもの(高額、高品質)という概念ではなく
それだけのコストがかけられた宝石ということを認識し
何の宝石であるということをわかる証書だということを理解しましょう。
美しさや価値の基準でないことを理解してください。
 
 
【作り替えや、買い取り・修理のご相談】
http://www.j-nemoto.co.jp/3R.html
【むかし買った立て爪のダイヤモンドを違うデザインにしたい!】
http://www.j-nemoto.co.jp/riform.html
 
 
ジュエリーネモトのホームページ
ジュエリーネモトで身辺整理
ジュエリーネモトのWEB通販
ジュエリーノウハウ本出版:相性のいい「ジュエリー」の選び方・身につけ方

住所:茨城県水戸市笠原町300-1(50号パイパス通り)
電話:029-305-1811
営業時間:10:30-19:30
不定休

Special blog











PAGE TOP