茨城 水戸 日立 鹿嶋の真珠の糸交換

ジュエリーネモトのハシモトです|д゚)チラッ

本日は、真珠のネックレスの糸交換についてご案内致します。
ジュエリーネモトでは、お手持ちの真珠のネックレスが自店・他店でのご購入品に関わらず、
修理をお受け致します。

一般的な長さ(45cm程度まで)の真珠のネックレスであれば、ご納期1週間程をいただき店頭で
修理をさせていただきます。
その際、ジュエリーネモトではご指定がない限りは、糸の代わりにしなやかなワイヤーを使用して
加工させていただいております。
ワイヤーで仕上げる事により、使用劣化からの糸のほつれや切れを防ぎ、長い期間のご使用が可能になります。

糸交換の流れ

ここからは、実際の糸交換の作業についてご説明致します。
まずは、お客様からおあずかりしたネックレスのサイズにあわせて、適正なワイヤーのサイズを選びます。

合わせて、お預かりした真珠の色により、使用するクッションを決めます。

クッションの使用はネックレスにより違いがあります。
一般的な糸組みの真珠の場合、ネックレスの両サイドに3箇所ずつ結びを作っている物が多く見られます。

その場合、ワイヤーで仕上げてしまうとネックレス自体の長さが少し変わってしまう事もあります。
結びがあった部分にはクッションを入れて長さを補う事が可能です。
また、『オールノット』と言われる全ての珠の間にクッションを入れて仕上げる事も承っております。

お持ち込みいただいたネックレスは、糸がほつれてしまった物から、バラバラになってしまったものまで様々です。
バラバラになった状態でお持ち込みいただいた場合は、珠のバランスを見る為に、並べていきます。

ネックレスは、基本的にサイドから中央にかけて微妙に珠のサイズが違います。
両サイドが小さく、中央にかけて大きく配列されているのが一般的です。
その為、バラバラになった状態でお持ち込みいただいた場合は、組む前にバランスを見て配置を行います。
また、ネックレスが長い場合は、この時点で外す珠を選びます。

あとは、実際にワイヤーに1珠ずつ組んでいきす。

組み終わったら、専用のクロスを使い、表面の汚れを落としてご納品です。

ネックレスが全体的に短いので、珠を足したい…
そんな時は、お預かりでのお見積りになります。
色合いや珠のサイズ等、違和感がでないように加工を致しますので、ご相談下さい!

茨城・水戸の結婚指輪・宝石専門店ジュエリーネモト

【電話】 029−305−1811

【営業時間】AM10:30ーPM7:30

ホームページはこちらから

ジュエリーネモトショッピングサイトはこちらから


【質問・疑問がありましたら下記よりご相談ください】

Special blog











PAGE TOP